テクノロジー

最新の車ではもはや標準装備になりつつある衝突被害軽減ブレーキ。俗にいう自動ブレーキのことです。

実は一口に衝突被害軽減ブレーキと言っても、方式や制御の方法はメーカによって様々で多種多様。それぞれ特徴があります。

テクノロジー, 自動車業界ニュース

ISA(Intelligent Speed Assistance 自動制御抑制装置) というシステムの導入が日本でも検討されています。ISAとは 、ドライバーが法定速度を守るよう支援するシステムであり、先進安全装置の一部です。 ...

テクノロジー

世界で普及が進められている電動化。その中でも最近、急に存在感が増しているのはBEV(Battery Electric Vehicle)です。かつては「未来の乗り物」の代名詞的存在であったこともある電気自動車ですが、各自動車メーカーがラ ...

テクノロジー

燃料電池車は水素から電気を作り出す燃料電池を搭載し、その電気を使ってモーターで走行するシステムを持つ車です。Fuel Cell Vehicle、略してFCVとも呼ばれます。

燃料電池車はガソリン等化石燃料の代わりに水素を入 ...

テクノロジー, 車雑談

以前、SNS上で某有名実業家のこんな発言が、一部ユーザーの間で話題になっていました。

逆です。決定的な特許や技術が無くても、バッテリーとモーターとタイヤをくっつければ、電気自動車は作れちゃうので、安かろう悪かろうが市場を席 ...

テクノロジー, 車雑談

石油資源の消費由来の温室効果ガスの増加による地球温暖化が社会問題となっています。地球温暖化に関する評価は諸説ありますが、有限資源である石油エネルギーの無駄な消費は抑え、温室効果ガスの排出量を減らそうというのが世界的な環境保護の流れです ...

テクノロジー, 車雑談

もはや自動車業界で当たり前となってきた直噴エンジン。よくワードは耳にするものの、あまり詳しく知らない人も多いはずです。「直噴エンジンって普通のエンジンとどう違うの?」「直噴エンジンって何がいいの?」そんな疑問を解消します。

直噴 ...

テクノロジー, 車雑談

近年、エンジンのダウンサイジングの流れと共に気筒数の減少の流れがきています。4気筒エンジンが主流だった排気量でも3気筒エンジンの採用が増えていいます。

日本車でこの流れの先駆けになったのは、K13型日産マーチが代表的だと思 ...

テクノロジー, 車雑談

もっとエンジンの馬力が欲しい。そんな時にどうすればいいのか。答えは単純です。もっとエンジンの中で燃料を沢山燃やせばいいのです。しかし、一定の量の空気に対して燃える燃料の量は決まっています。そうであれば、もっと空気を詰め込んでもっとたく ...