ハイオクとレギュラーガソリンの違いとは?


ガソリンスタンドに行くと、日本ではだいたい3種類の燃料が置いてあります。ハイオクレギュラー軽油ですね。

軽油はディーゼルエンジンに使用する燃料です。トラックやバス以外にも乗用車であればマツダ、トヨタ、三菱の他にも海外メーカーが国内でもディーゼル車を販売しています。

一方、残りの2種類の燃料はガソリン車に使える燃料です。レギュラーとハイオクの2つがあり、それぞれ車種によって指定燃料が決まっています。今回はこの燃料の違いについて説明します。

レギュラーガソリンとハイオクガソリンは何が違う?

結論から言うと燃えやすさが違います。オクタン価という数値が異なります。オクタン価は大きければ大きいほど燃えにくい燃料になります

これはイソオクタン(C8H18)という炭化水素の燃えやすさを100とし、ノルマルヘプタン(C7H16)という燃料の燃えやすさを0としたときに、その燃料がどのくらいの燃えやすさを示すかを指標化します。

ちなみに日本ではレギュラーガソリンはオクタン価89以上ハイオクガソリンは96以上とされています。実際はもっと高いオクタン価になっているようで。つまりハイオクというのはハイオクタン価の略ということですね。

オクタン価が高く燃えにくいガソリンを使うエンジンにメリットはあります。それは圧縮比を上げることができるようになることです。何故なら、ハイオク燃料を使うことによってノッキングが起きにくくなるからです。

圧縮比が上がると、エンジンは効率が良くなります。圧縮比を上げると何故効率が良くなるかという話とノッキングの話についてはこちらの記事に少し書いてます

ECOブームで返り咲くターボエンジン

効率が良いということは、同じ燃料でより馬力が出せるということ。またノッキングが起きにくければ、より高い圧力で過給を行うこともでき、やはり馬力が出ます。これが高性能車用エンジンにハイオクガソリン指定されている場合が多いという理由です。

また、ハイオクガソリンには多くの場合添加剤が含まれています。エンジンを綺麗に保つ効果があり、各メーカーによって入っている成分は様々あるようです

出光スーパーゼアス

Shell V-power

エネオスハイオクガソリン

よく「ガソリンスタンドは○○がいいよ」と言われるのは、この添加剤の違いによるものですね。それぞれ好みが別れるところです。逆にレギュラーガソリンユーザーはあまり気にしなくていいですね。

毎日新聞の取材により、ShellのV-power以外は各社とも実は共通のハイオクを使っていたことがわかりました。

また、Shell V-power以外ではエンジンの洗浄効果はなく、ハイオクの添加剤はエンジンの汚れが付きにくくする効果だけであり、コスモ石油では今まで虚偽の記載をしていたことがわかりました。

こうなるとShellもしくは他のハイオクという差しかなさそうです。

当然、レギュラーは各社同じガソリンのため特にブランドで選ぶ必要はありません。

レギュラーガソリン仕様の車にハイオクを入れると良い?

良く車好きの間で交わされる話です。

まずオクタン価の効果です。ハイオクタン価の燃料を入れたとしても基本的に性能はほとんど変わりません。レギュラーガソリンに合わせた設計をされたエンジンである以上、レギュラーガソリンでの仕様を想定したベストの仕様を決めています。具体的には圧縮比や点火時期の設定、過給圧力などです。設定上物理的に出せない性能は燃料を変えても出せません。

もしレギュラーガソリン指定ながら、かなり無理している設定の過給圧や圧縮比であれば、ハイオクで出力が改善する可能性はあります。なかなかそんなエンジンもないとは思いますが…

次に添加剤の効果です。これはエンジン指定燃料に関わらず、効果があります。ただ添加剤はどの車にも必要なわけではありません。また、FUEL ONEなどのエンジン内の専用洗浄剤は別で市販されています。もし、添加剤を使いたいならば、専用品を使う方が効果的でしょう。ハイオクガソリンを入れる必要はないと思います。

逆にハイオク指定のエンジンにレギュラーガソリンを入れるとどうなるか。まずノッキングを起こして壊れる可能性があります。とは言え現在の車にはノッキングセンサーというものがついており、ノッキングを検知すると点火時期を遅らせてノッキングを防ぎます。よって壊れることはほとんどありません。災害時にはレギュラーガソリンしか手に入らない場合もあります。そんな時でも走れるようになってます。

また、壊れないとしても点火時期を大きく遅らせるためエンジンの効率は落ちます。ノッキングが起きやすく負荷の高い領域を使って運転するCVT車や高速道路走行での燃費は大きく落ちてしまう恐れがあります。

ただし、たまにノッキングセンサーがついてないエンジンもありますね。そういう車やバイクはレギュラーガソリン厳禁です。

以上をまとめると、レギュラーガソリン仕様の車にハイオク燃料を入れるメリットほそれほどないと言えます。また、ハイオク指定の車にレギュラーを入れても問題ない場合が多いですが、燃費悪化の可能背もありハイオク車にレギュラーガソリンを入れることは実質的な価格差は埋まるためにメリットは小さいと言えます。

欧州車がハイオクガソリン指定な理由

BMWやプジョーといった欧州メーカーの車はエントリーモデルでもハイオク指定だったりします。庶民の車なのにハイオク仕様?実はこれには理由があります。

欧州のレギュラーガソリンはオクタン価95以上です。日本のハイオクガソリンよりもオクタン価は低いですが、レギュラーガソリンよりは高いオクタン価になっています。よって日本のレギュラーガソリンではオクタン価は不足しています。

オクタン価は大は小を兼ねる性質です。そのため日本では欧州車のエントリーモデルでもハイオクガソリンを指定します。

結構ガソリンのオクタン価って国によってバラバラです。インドネシアはさらに低い88が売っていますし、モンゴルは80なんてガソリンが売っていました。

HEV大国モンゴルの車事情

まとめ

今回はガソリンの違いについて紹介しました。あまり燃料の違いについて意識した事がなかった人は、ハイオクとレギュラーの違いについて詳しくなれたのではないかと思います。

今度ガソリンスタンドで給油する時はガソリン種類の違いに関して意識してみてください。

車雑談

Posted by 管理人