【新型車】ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ【反応まとめ】

東京モータショーで発表された新型コンパクトSUV。2019年11月5日発売となりました。車名はロッキーとなり、トヨタ版はライズとなります。かつてダイハツで販売されていたクロカン車の名前が久々に復活することになります。今回はその特徴と反応についてまとめました。

新型ロッキー/ライズの特徴

ダイハツ ロッキーはかつて国内でも販売されていたコンパクトクロカン車です。強固なラダーフレームの上にコンパクトな3ドアボディを載せ、1600ccのガソリンエンジンを縦置き。スズキのエスクードに人気を奪われ国内販売は振るわなかった車ですが、北米や欧州などでも販売されていました。

Daihatsu Rocky, Japan spec ( F300S ) by Tennen-Gas  license:CC-BY-SA3.0

新型ロッキーは以前販売されていたモデルとは異なり、ラダーフレームではなく新型プラットフォームであるDNGA採用モデルとなります。既に販売されているタントに続くDNGA第2弾となります。

全長×全幅×全高(mm)3955×1695×1620
ホイールベース(mm)2525
車両重量(kg)980
排気量(cc)996

全長4mを切る非常にコンパクトなSUVです。車重も1tを切り、最新のコンパクトカーと比べも遜色ない軽量なモデルです。サイズとしてはトヨタ ポルテやbBなど少し大きめのコンパクトカーと同等のサイズですね。また車重は大幅に軽量化されましたが、先代モデルとも言えるビーゴとも似通ったサイズ設定となっています。

駆動方式は東南アジア需要を意識したビーゴとは異なり、一般的なFFとなりました。そのためスペース効率はFRベースのビーゴよりも圧倒的に良いです。コンパクトな車体の割には実用的な室内スペースを持っています。大人4人が十分乗れるスペースは確保されていました。

燃費は 2WD車でWLTCモード18.6km/L、4WD車では17.4km/Lになります。ハイブリッドが主流の現代においては少し物足りない印象も受けますが、ビーゴに比べて格段によくなっています。

スペアタイヤレスのためラゲッジスペースも大きく取られており、実に396Lの大容量となっています。

ただド田舎でパンクを実際に経験しスペアタイヤで事なきを得た身としては、個人的にスペアタイヤは欲しいので横開きバックドア&背面タイヤのオプション設定を望みます。

パワーユニットはトールにも採用される直列3気筒1Lターボ。最近の過給エンジンとしては珍しく直噴ではなくポート噴射となります。

最近の過給エンジンの話はこちら→ECOブームで返り咲くターボエンジン

最高出力は98ps/6000rpm、最大トルクは14.3kg・m/2400~4000rpm、圧縮比は9.5とポート噴射仕様にしては、それなりに頑張っているエンジンです。トルクの出方も下から低速トルクをしっかりと出すダウンサイジングターボそのものです。トランスミッションは遊星歯車を備えるD-CVT。動力分割して遊星歯車を併用して変速することによって従来よりもワイドな変速比と動力伝達率を有しています。車体の軽さも相まってよく走りそうです。

この排気量であれば税金も安いため、ライバルに対しても税金面でアドバンテージがあります。

安全装備も「スマートアシスト」の最新版が適用され、全車速追従機能付ACC、誤発進抑制機能、自動補助ブレーキが装備されます。

価格帯・グレード

価格は ロッキーが170万5000円~242万2200円、ライズが 167万9000円~206万0000円 とライズの方が低めの価格設定です。

グレードはロッキーがL・X・G・Premiumの構成。ライズがX・X”S”・G・Zとなります。ライズの方がスマアシレス仕様がラインナップされるなど、全体的に廉価寄りの仕様になるようです。

ネットの反応


デザインに関してはカッコイイという意見はチラホラ見られましたが、意外と少ない印象。


デザインよりも、コンセプトやサイズ感などトータルな要素でウケが良さそうな車のようです。現行エントリーコンパクトユーザーからの買い替え需要はありそう。


新型RAV4に雰囲気が似ているという感想はよく見られました。私もそう思います。また初代RAV4の再来という人も。サイズも近いですし新型RAV4と顔も似ているので、言い得て妙ですね。


価格帯に関しては、好評なようです。ただし、確かにクロスビーとガチンコなんですよね。デザインの方向性の違いがどうなるか・・・