【新型車】トヨタ グランエース【反応まとめ】

2019年11月27日

グランエースが発表されました。海外版ハイエースを国内仕様にした車ですが、その巨体故に一部ではかなり評判になっています。今回はその特徴と反応をまとめました。

グランエースの特徴は?

巷でも話題になっていますが、一番の特徴はその巨体だと思います。

新型車グランエースは、上質かつ快適な移動空間として、全長5.3m*3、全幅1.97m*3のワイドなサイズを活かした圧倒的な存在感を有するフルサイズワゴン*4です。セミボンネット*5のパッケージを採用し、3列シート6人乗りと4列シート8人乗りの2タイプを設定。上質な乗り心地や優れた操縦安定性を備えた高い基本性能と、ゆとりの室内空間が特長です。

global.toyota/jp
全長×全幅×全高(mm)5300×1970×1990
ホイールベース(mm)3210
室内長×室内幅×室内高(mm)3290×1735×1290
排気量(cc)2754

センチュリーに匹敵するフルサイズボディです。もはやミニバンではないですね。それを4列8人乗りという贅沢な使い方。アルファード・ベルファイアに変わる高級移動車として需要が高そうです

駆動方式はFRになります。 FFが一般的なアルファードなどのLクラスミニバン勢とは異なります。

パワートレインは1GD型2.8L ディーゼルターボ+6AT。ハイエースやランドクルーザープラドに搭載されてる最新式のクリーンディーゼルです。NOx対応で尿素SCR搭載のため、尿素水の補充が必要になります。

トルクフルに走れる評判の良いエンジンですが、ランドクルーザークラスの車重になるとちょっとトルクがもう少し欲しいといういう声も。グランエースほど巨体になると少し物足りないかもしれません。

商用車がベースですが消音および振動対策が施され、高級ワゴンに相応しい乗り心地を実現しているようです。アルファードと比較したインプレが気になりますね。

価格・発売日は?

12月16日より発売開始であることが正式にアナウンスされました。

GとPremiumの2グレード体系で価格は620~650万円となります。

4列8人乗りのGが620万円、3列人乗りのPremiumが650万円となります。

ネットの反応

大きさについて言及している人は結構いますね。実物をみたら意外と小さいって声もありましたが、やはりプラドと比べてこのサイズはさすがに・・・乗用車というよりマイクロバスです。

メルセデスベンツのVクラスとサイズを比較している人がいました。確かに真正面から喧嘩を売ってます。

実際に乗り込んだ人が感想を呟いていました。広いのは間違いないんですが、天井の圧迫感はあるようですね。FRのため室内高さはアルファード(1400mm)の方があります。

これについては私も同じ意見です。ちょっと商用車っぽいネーミングにあってしまう感じがします。豪州同様グランビアの方がよかった?

また追加情報があれば更新します。